ストレートネックの治療法・治し方

 ネックなび.COMでは、ストレートネックの症状、発症原因、自覚症状による自己チェック方法と治療方法に関する情報を専門に解説しております。

痛みが強い場合は薬物療法を併用して行う

 ストレートネック障害を発症してしまった場合。
 治療の基本は保存療法や装具を利用した治療が基本です。
 しかし痛みがとても強く働く場合に関しては、治療の初期段階において薬物療法を実践するケースも多くあります。
 この薬物療法とは、基本的に
●痛み症状の緩和
●既に発生している炎症を抑制
 という基本的に2つの症状の緩和が最大の目的です。
 骨格の変形を伴うストレートネック症の根本的な治療は薬物療法では実践できません。
 尚、痛みの緩和作用などを目的として使用されるお薬としては
●非ステロイド性消炎鎮痛剤
 などが代表にあげられます。

非ステロイド性消炎鎮痛剤

 非ステロイド性消炎鎮痛剤とは、痛みや炎症を悪化させる物質である
●プロスタグランジン
 の生成を抑制することで炎症と痛みを緩和する消炎鎮痛剤です。
 非ステロイド性消炎鎮痛剤の成分として注目されている成分に「インドメタシン」などの消炎成分があげられます。
 ステロイド剤と比べると効力は確実に落ちますが、ステロイド剤に抵抗がある場合は、非ステロイド性消炎鎮痛剤の利用を検討することも可能です。
 尚、タイプとしては湿布剤の貼るタイプと塗るタイプがありどちらも効果は同じです。
 医師の処方を受ける他、最近では薬局などでも市販されております。
 但し市販タイプを検討する際は、必ずその配合成分、吸収率を確認しましょう。

インドメタシン配合主要製品一覧表
ブランド名塗るタイプ貼るタイプ主要製品主要販売元
バンテリンバンテリンコーワ興和新薬
アンメルツアンメルシンヨコヨコ小林製薬
サロメチールサロメチールID佐藤製薬