ストレートネックの治療法・治し方

 ネックなび.COMでは、ストレートネックの症状、発症原因、自覚症状による自己チェック方法と治療方法に関する情報を専門に解説しております。

急性に発生した首の痛みについて

 首の痛みを伴う病気には様々な種類の病気があります。
 ストレートネックはその首の病気の中のひとつに過ぎません。
 また、ストレートネックはある日突然、勃発的に発症する病気ではありません。
 骨格の変形を伴う首の障害であるという大きな特徴をもつ点からもこのことはご理解いただけると思います。
 大抵の場合は、振り返ると何らかの自覚症状を感じているものです。
 しかし、ストレートネックの症状と類似した症状があり、突発的に首に痛みを発症するケースもよくあります。
 当サイトでご紹介している「自分で出来る自覚症状のチェック方法」についてを参照しこれらの症状が突発的に発症した場合。
⇒自分で出来る自覚症状のチェック方法について
 このように突発的に症状が現れた場合は、ストレートネック以外の首の障害を検討する事も大切です。

寝違い症などに見られる類似症状について

 ストレートネックの自覚症状とよく類似する症状を発症する障害はいくつかあります。
 中でも頻繁的に発症する首の障害の中に「寝違い」などの首の障害があげられます。
 寝違いは眠っている時に
●腕を下にして寝る
 などの姿勢が一晩続いただけでも発症する可能性のある障害です。
 名前通り睡眠時の姿勢が大きく影響する障害が寝違い症の大きな特徴です。
 ストレートネックとの見極めは難しいのが現状です。
 しかし、突発的な症状の発生の場合は、その障害の種別によって治療方法も異なります。
 ですから、症状と傾向を確認し様々な角度から他の障害の可能性に関しても検討してみる事が重要となります。